通販医薬品で思わぬ健康被害

最近では、インターネット通販で世界中から何でも買うことができ、購入したいものについては、価格が安く手にはいる海外通販も多くなってきています。
その中でも、いままで手に入れることが難しかった医薬品や医療機器なども個人で輸入することができるようになりました。しかし、海外の通販医薬品や医療機器については、日本人にとっての安全性や有効性が確認されていないことが多く、健康被害などのリスクも考えられます。
日本国内の医薬品は、薬事法に基づいて販売されています。品質の安全性を高めるために日本では、治験で人に対する投与による有効性・安全性の確認がされ、生産される工場での品質管理を原料の調達から製造するまで終始を調査し、すべてクリアしたものを国の審査担当部門で審査され、副作用や服用者のために薬品の情報を添付文書作成を義務付け、という行程を経て販売されているのです。そして、もし、このような行程をへて販売された医薬品を正しく服用したにもかかわらず、重大な健康被害がでた場合は、公的な救済制度があります。
海外の通販医薬品は、不衛生な管理下での生産されていたり、偽メーカーのものであるかもしれない危険性があるのです。
通販医薬品の思わぬ健康被害事例としては、ダイエットや強壮滋養のサプリメントや医薬品を服用で、動悸やめまい、頭痛などや、最悪の場合死亡に至ったケースもあります。