格安ED治療薬の通販サイトは危険

シルデナフィル製剤がED治療薬として販売されるようになって、久しくなりますが、販売された当初はものすごい反響で、瞬く間のうちにその製品名が世界中で知られるようになりました。
そして、現在ではさらに効果の発現が早いバルデナフィル製剤や、効果の持続時間が非常に長いタダラフィル製剤が開発され流通するようになったのです。
これらの医薬品は、原則としては医師の診断に基づいて処方される医薬品ですが、現在では海外で製造されたこれらの医薬品を通販サイトを通して個人輸入という形で安価に入手することができるようになったのです。
また、これらの医薬品のジェネリック医薬品も流通するようになりました。
そして、ジェネリック医薬品を個人輸入すれば、さらに安価に入手することができるのです。
しかし、格安を謳うED治療薬も流通し始め、その危険性が指摘されるようになったのです。
格安ED治療薬の危険性とは、その多くが偽の医薬品ですから、ED治療に対して効果が期待できません。
そればかりか、どのような副作用があるのかも分からないのです。
ですから、ED治療薬は信頼のできる通販サイトを通して入手する必要があります。
また、用法用量を遵守することが重要です。

正規品バイアグラの証は透かし入りシール

バイアグラは、人気の高いED治療薬です。
しかしその人気の高さゆえに、偽物が出回っています。
偽物を服用しても、当然効果はあらわれません。
そのため購入して服用してから初めて、偽物と気づくというケースも多くあります。

しかし実は、パッケージを見ることで正規品バイアグラと偽物バイアグラとを見分けることも可能です。
正規品には、パッケージに透かし入りシールが貼られています。
ホログラム技術が使われているシールで、角度を変えて見ることで、製薬会社の名が見えるようになります。
このシールが貼られていない、あるいはホログラム技術が使われていないシールが貼られている場合には、偽物と言うことができます。

また、正規品には錠剤と一緒に説明書も入っていますが、偽物には入っていないこともあります。
説明書がなかった場合、偽物の確率がかなり高いと言えます。

このように、実際に服用してみなくても、正規品と偽物とを見分けることは可能なのです。
偽物の場合、効果が出ないだけでなく、体調不良を来たす可能性もあります。
そのためバイアグラを個人輸入業者などから購入した場合には、服用する前にまずは正規品かどうかをしっかり確認することが大事です。